スズメバチ駆除やイタチ駆除が行える業者を知っておく

危険な虫から身を守る

蜂と人

DIYで駆除

ハチを自分で退治する場合は、まず刺されないように防護服を着用することが大切です。ハチは黒いものを攻撃する性質があるので、服装は白っぽいものにしましょう。昼間は飛び回っていて退治するのが難しいため、ほとんどのハチが巣の中で寝静まっている夜に実行します。基本は殺虫剤を風上から巣に噴射しますが、スズメバチの場合は出入り口が限られているので、そこをテープや布で塞ぎ、穴を開けて殺虫剤を注入する方法もあります。怖がって遠距離から噴射すると効果が薄く、途中で殺虫剤がなくなってしまうこともあるので注意が必要です。ハチの反応がなくなったら、巣ごとビニール袋などに包んで叩き落とします。まだ生き残っているハチは殺虫剤で退治します。

駆除業者に依頼

ハチの中でもスズメバチは特に攻撃性が強く、毒も強力で、刺されるとアナフィラキシーショックを起こし、命にかかわる場合があります。素人が退治するのは危険を伴うので、専門の駆除業者に依頼したほうが安心でしょう。本格的な防護服や効果の高い殺虫剤を揃えると、それなりの出費になります。安全性を考えれば、専門家への依頼は必ずしも高額とは言えません。2階の軒下や天井裏など、手が届きにくい場所にハチが巣を作ったときでも、駆除業者なら確実に退治できるため人気があります。一度ハチを退治しても、ハチにとって住みやすければ、同じ場所に巣ができる恐れがあります。そんな場合でも忌避剤などを利用して、被害の再発を防ぐことが可能です。